スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[掲載日 --/--/--] カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

【11月23日・12月21日・1月25日】連続講座 教師入門

ー 達人に聞こう!いまを生き抜く心とわざを ー


kyoushi.jpg教師受難の時代が続きます。大変さが増すことはあれ、減るきざしなど見当たりそうにありません。ならば、辛さに耐えるのではなく、楽しむ心とわざを身につけようではありませんか。

そこで連続講座を企画しました。達人たちが、面白楽しいわざの数々を伝授します。教師になろうと思っている方、教師なりたての方、教師を続けてきたがここで自分を見直したい方、定年まで持つか不安に思っている方、どうぞ皆さんご来場あれ!学校の実態を知りたい保護者、市民の皆さんも是非どうぞ。

●主催 :NPO法人 スペースナナ/コーディネーター: 山本理
●会場 スペースナナ
●参加費 :大人 1,000円 学生 500円 子ども 無料
●問合せ・お申込み スペースナナ(メールソフトが立ち上がります)

講座は事前予約制です。(定員40人)
上記メールよりお申込みください。


<コーディネーター・山本理様からのメッセージ>

 昨今、教師を見る目は非常に厳しく、成績表に記載された出席日数がちょっと違ったくらいで、なんと新聞に載るご時世。ひと昔前では考えられません。朝から晩まで神経を張りつめ、ひとつのミスも失言も許されない仕事に毎日向かっている教師の皆さんは、まさに受難の時代を生きているわけで、ご苦労様!本気で思います。

 でも、それだけやって誰かから感謝されているんでしょうか。あっちからもこっちからも失敗は追及されるのに、日々をつつがなく終えても、それは当たり前のこととして賞賛されるわけじゃない。これじゃあ病気になります。教師の療養休暇取得は年々増加の一途ですが、内訳は精神的な面で休む人が増えているんですね。更に更に、パワハラ校長は確実に増殖しています。どなるタイプ、ねちっこいタイプ、型は違えど教師を支えようなどという気持ちは微塵もない輩たちです。

 そんな報われない環境で働いている教師のために、今回、三回の連続講座を企画しました。題して「教師入門」。
 三回の内容は「学校生活を泳ぎ切る極意」「授業作りの楽しみ方」「普通の教師の働き方」です。
 これを、〈伝説の教師〉名取弘文氏(11月23日=終了)、〈授業の神様〉千葉保氏(12月21日)、〈歴戦の勇士〉赤田圭亮氏(2014年1月25日)という、そうそうたる達人たちが指南します

 降りかかる辛さに耐えるのではなく、日々を楽しみ、学校を面白がる。本講座は、そんな心とわざを身につける格好の場です。どうぞ、お友だちや同僚お誘い合わせの上、ご参加ください。
 会場はスペースナナ、教師だけでなく、学校の実態を知りたい、教師を応援したいと思っている皆さんも是非お越しください。




【第3章 騙されない働き方、教えます!】
2014年1月25日(土)
赤田 圭亮さん(横浜市立中学校教員 横浜学校労働者組合執行委員長)


夜遅くまで学校の明かりは消えません。しかし、これってメッチャ変じゃない?と疑う発想も感性も最近の教師は持ち合わせていません。だから今なんです!対文科省、教委、管理職と、数え切れない歴戦の勇士、赤田圭亮さんの手ほどきを受けましょう。子育てや介護など、日々に追われる普通の教師の働き方を。

開場 13:30

開始 14:00

終了 17:00
赤田 圭亮さん
1953年、福島県生まれ。1976年より横浜市立中学校教員。教科は国語。現在横浜学校労働者組合執行委員長。著書に「サバイバル教師術」(時事通信社)「不適格教員宣言」「教育改革とは何だったのか」(以上日本評論社)。編著に「やさしい教師学入門」「100万人教員のためのやさしい悩みごと相談」(以上日本評論社)など。





【第1章 学校を楽しむ生き方、教えます!】※終了しました
→報告はこちら
2013年11月23日(土)
名取弘文さん(おもしろ学校理事長 映画評論家)


教師を取り巻くのは人です。児童生徒、保護者、同僚、管理職、時には教育委員会や地域が加わります。これらの人間関係の中で、徒労感や消耗感が膨らんでいくのです。どっこい!そんな環境もなんのその、伝説の教師、ナトセンこと名取弘文さんが、学校生活を泳ぎきる極意を伝授します。

開場 13:30

開始 14:00

終了 17:00
名取弘文さん
1945年、東京生まれ。藤沢市の小学校教員となり、1979年から家庭科専任教員として全国的に注目される。TBSラジオ「子ども電話相談室」回答者、ラジオ短波「パッチリ7」パーソナリティ。著書に「通信簿と評価権」「世界と交信する子どもたち」、近著に映画評論「シネマの子どもに誘われて」(以上現代書館)など。





【第2章 楽しい授業の作り方、教えます!】※終了しました
2013年12月21日(土)
千葉 保さん(國學院大学講師 元三浦市立小学校校長)


今時の教師にとって、授業は二の次三の次とよく言われます。他にやることが溢れかえっているのです。しかし、本来教師の主たる仕事は「授業」にこそあるはず。そこで、授業の神様、千葉保さんの登場です。本末転倒のこんな時代だからこそ、原点に立ち返り授業づくりを楽しもうじゃありませんか。

開場 13:30

開始 14:00

終了 17:00
千葉 保さん
1945年、宮城県生まれ。鎌倉市の小学校教員を経て、2006年まで神奈川県三浦市の小学校校長をつとめる。「使い捨てカメラ」「ハンバーガー」「カード破産」など、身近な題材を社会の問題へとつなぐ授業を数多く作る。著書に「お金で泣かないための本」『はじまりをたどる「歴史」の授業』(以上太郎次郎社エディタス)など。

スポンサーサイト
[掲載日 2013/12/27] カテゴリ :イベント トラックバック(-) コメント(-)

11/9(土)報告 連続講座第2回 当事者だからこそできる支援 ―少年院出身の若者たちが、地域と共に生きるために

11月9日(土)の連続講座「地域でゆるやかに支えあう場をつくろうPart2」第2回のご報告です。
第2回タイトルは「当事者だからこそできる支援―少年院出身の若者たちが、地域と共に生きるために」
この長いタイトルには今回の講師NSさんの思いがこもっています。


ns01.jpg講師のNSさんはNPO法人セカンドチャンス!東京代表で、少年院を2度経験された女性当事者。延べ3年4ヵ月を少年院で過ごした詳しい具体的な経緯を話すことから始まりました。

中学2年の時に家出するまでは、地方の経済的に恵まれた家庭で、一人娘としてごく普通に育ち成績もよかったと言います。私立一貫校で成績優秀、スポーツも柔道に励んでいたNSさんは、何のため、誰のために勉強やスポーツに励むのかと疑問を持ち始め、いったんレールから外れたあとは、万引き、窃盗から果ては暴力団と関わり薬物にまで手を染める。その後、警察に捕まった後は少年院に長期処遇で1年7ヵ月収容されました。


少年院から出てきた後、家族と引っ越した場所で1年遅れて高校に入学、専門学校にも進学しますが、再び覚せい剤を使い始め、薬物を手に入れるお金を稼ぐために売買にまで手を出します。19歳の時に警察ではなく、専門的に麻薬売買を取り締まる厚生労働省の麻薬取締官により逮捕。麻薬取締法違反で少年院に収容され、この時初めて薬物の売買が自分にしか迷惑かけてないという粋がりとは大違いで、薬物を売ることが他人を死に至らし、害を与えているかを実感。大きな転機になります。この間の少年院生活で薬物依存を断つことができたと力強く言い切っていました。


ns02.jpg社会に出た後は広告代理店に就職、今は自営で仕事をしています。自分の経験を少年院にいる後輩たちに話したいという思いが、当事者として支援活動をしている「セカンドチャンス」につながり、今は呼ばれたところで話すことで役に立ちたいと活動しています。

多くの少年院出身者は自分のことを素直に語ることができず、孤独で愛情に飢えている。そして、社会や地域とつながりを持てずにまた元の世界に戻ってしまうことも多いそうです。
信頼される、必要とされる人間になることがとても難しいという言葉が印象的でした。


密度の濃いNSさんのライフヒストリー紹介の後、参加者で自己紹介をし感想を分かち合うことにしました。参加された方の動機やかかわっている活動や仕事もさまざま。NSさんの話を触媒に、地域でできること、自分が何をしたいかなど話は尽きませんでした。


参加された教員やスクールソーシャルワーカー、カウンセラーの方たちからは、自校の生徒が少年院に送られた経験、その親や家族の抱える問題について、また今の学校制度のもとで子ども達のためにできることは何かなどの話題が提供されました。また、演劇などに関わっている参加者からは表現活動を通じて何かできることがあるのではとの提案。依存症やひきこもりの人たちの支援者からは一緒に頑張ろうという人たちがいることを知らせる大切さを紹介していただきました。

講座の案内
[掲載日 2013/12/25] カテゴリ :イベント トラックバック(-) コメント(-)

【報告】11/23日(土)第1回「教師入門」達人に聞こう!いまを生き抜く心とわざを

第1回は名取弘文さんを講師に迎え開かれました。

名取さんの教員生活(家庭科)のお話しでした。
子どもの持つ豊かな可能性を自然に引き出す名取さんのお話に抱腹絶倒しながら聞き入りました。
子どもたちを解き放つ何と魅力的な先生!時代を見る的確な目!
若い先生方が参加なさり、たくさんの質問が出ていました。
kyoushi01.jpg


次回は12月21日(土)に、〈授業の神様〉千葉保さんを講師に迎えて行います。
先生方が現場でどのように子どもたちと向き合い、どのような教育現場、職場を作ろうとしていらっしゃるのか、よくわかります。
直接お話が聞けて、先生方を応援できる貴重な機会です。
教師だけが対象ではないので、学校の実態を知りたい、教師を応援したいと思っている皆さんも、ぜひ、ぜひご参加ください。

→詳細はこちら
[掲載日 2013/12/19] カテゴリ :イベント トラックバック(-) コメント(-)

12/15(日) フランス額装 基礎講座

10月、スペースナナのギャラリーを飾ってくださった
フランス額装を体験してみませんか?


flance01_20131205151954238.jpg

お気に入りの絵はがきなどをお持ちいただき、素敵な額を作ります。

flance02.jpg●日時
2013年12月15日(日)
10:00〜12:00または10:30〜12:30
●参加費
2000円(額縁は含みません)
●講師
橋本真澄
●会場
スペースナナ

※これらの作品(上の写真)は前回の展覧会体験レッスンで制作しました。

[掲載日 2013/12/05] カテゴリ :スタジオナナ トラックバック(-) コメント(-)

12/4(水) ~ 12/15日(日) 糸と布で遊ぶ手作り展

~さをり織りの作品を中心とした
   手作りの洋服や小物の展示と販売~


saori2013.jpg
ギャラリーでは「糸と布であそぶ 手作り展」が始まりました。
色鮮やかな「さをり織り」の作品など、所狭しと並んでおります。
柔らかな手触りの「さをり織り」は、この季節、贈り物にも喜ばれますね。

●日時
2013年12月4日(水) ~ 12月15日(日)11:00~18:00
※最終日は16:00まで
※12月9日・10日休廊
●会場 
スペースナナ
[掲載日 2013/12/05] カテゴリ :イベント トラックバック(-) コメント(-)

12月4日(水)のゆっくり水彩カフェは、「落ち葉と投げ縄のワーク」です

suisai_20131202164809376.jpg
12月のゆっくり水彩カフェは、ほとんど恒例になっている“落ち葉をつかったワーク”です。

画像の作品例は投げ縄やお皿を組み合わせ
さらにぼかしをほどこして
凝った造りに仕上がっています。
できあがった作品から落ち葉を何種類みつけることができるかな?


日時:2013年12月4日(水) 13:30〜16:30
会場:スペースナナ(アクセス
講師:ハシバヨシコ(アトリエfreechild主宰)
東京芸術大学油絵科卒業
新里里春氏に交流分析、平良晃氏に水彩画、浅葉和子氏にアートセラピーを学ぶ
1回 1,000円12月は+材料費100円
 *体験500円 (初回のみ)材料費別途(12月は100円)
  初めての方は必要な道具はすべてお貸ししますので手ぶらで参加OKです。
 *参加したことがあり自分の道具(パレット・画用紙・水入れ・雑巾など)のある方はお持ちください。
 *お飲物(300円~)を別途ご注文お願いします。

申込み・お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

水彩絵の具で色づくりを楽しみながら、会話を楽しみ、出会いを楽しみ、
ほっとする時間を一緒に過ごしませんか?
絵が苦手でも、がんばらなくても、だいじょうぶ!
だれでも安心して楽しめる工夫がいっぱいです。
[掲載日 2013/12/02] カテゴリ :スタジオナナ トラックバック(-) コメント(-)
トップページへこのページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。