スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[掲載日 --/--/--] カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

【連続講座】福島の復興支援―顔の見える米作り(2/25、3/3)

第2回は、3/3(土)です!
【連続講座】福島の復興支援―顔の見える米作りスペースナナでは、「原発のないみらいのために今、私たちに何ができるのか?」をみんなで考え、行動に移していくきっかけとして、いろいろな講座を企画しています。

今回は福島の生産者の、除染を研究し線量計測をしながらの米づくりへの挑戦を紹介する連続講座。原発事故でいちばん手痛い打撃を受けたといわれた有機農業…その生産者たちが、こんなときこそいままで集積してきたその知恵がむしろ生かされるとき、と再生への力強い取り組みを始める話です。

ぜひ、ご参加下さい。一緒に語り合いましょう。参加費は各回 1,000円、定員20名です。

↑ チラシ(クリック+クリックで拡大)

【第2回】 2012年3月3日(土)午後2時~4時
ドキュメンタリー映画「超自然の大地」メイキングビデオ鑑賞&トーク

3.11後の6月から福島入りして、農家の人の生の声を聞いて、世界に届けたいとアメリカからやって来た監督、梶野純子さんとエドワードさんの作品です。10月まで滞在し、現在は編集作業に入っていますが、また戻ってきて撮り続け、来秋完成の予定です。

「彼らを見守り、支援したくてカメラを回し始めたのですが、今は映画の資金集めや宿泊場所、食料と逆に支援していただいています」と語る梶野さん。私たちも梶野さんの映画作りを支援するためにこの講座を企画しました。

首都圏に住み原発でできた電気の恩恵を受けていた私たちは、いま福島の人たちとどうやってつながって支援することができるのか…農家や酪農家の方たちの思いが凝縮されている45分のDVDを見た後で、語りあいたいと思います。

福島で食をつくる人々のドキュメンタリー映画
ドキュメンタリー映画「超自然の大地」               

会場:スペースナナ アクセス地図
※東急田園都市線、横浜市営地下鉄「あざみ野」駅・西口より徒歩6分
 TEL:045-482-6717
 FAX:045-482-6712
 メール:event@spacenana.com  参加費(各回)1,000円
-----第1回は終了しました----

【第1回】 2012年2月25日(土)午後2時~4時
福島の復興支援―顔の見える米作り
ゲスト:天栄米栽培研究会事務局 吉成邦市さん
  
福島県天栄村は生産者が「天栄米栽培研究会」を立ち上げ、コンクールで3年間連続金賞の受賞者を出した米作りで定評のある地域。アレルギーの子どもも食べられるようにと、漢方未来農法「天栄米」も栽培していました。

原発事故の後、いち早く専門家と連携し、放射性物質の稲への吸収・抑制の研究を進めながら米作りに 取り組み、一口1万5千円で研究経費の支援も受けながら収穫米30キロを届ける「田んぼのパートナー制度」を発足させ、セシウム不検出のお米を収穫することができ、その取り組みは12月にNHKのETV特集「原発事故に立ち向かうコメ農家」で放映され反響を呼びました。事務局長の吉成邦市さんにお話をうかがいます。 
関連サイト:天栄村・顔のみえる米づくり
[掲載日 2012/02/25] カテゴリ :イベント トラックバック(0) コメント(1)
コメント
放射性物質から農地を守るためにフルボ酸の使用を推奨します
  米沢市立病院の勤務医(泌尿器科、透析の専門医)、高岩正至
自らの体験を通してメタボ対策・アンチエージング・予防医学に目覚め、フルボ酸による様々な疾病治療を研究する中で、放射性物質の分解効果にも着目。

エビデンス1
菊地良一氏は山形県高畠町在住の農業経営者。農林水産省・大臣官房政策課・「食」に関する将来ビジョン検討本部委員。シドニーとアテネのライフル競技部門のオリンピック選手の強化スタッフ。選手への競技食の提供を通し、農地のミネラル不足を痛感。オリンピック食の開発者。田畑をフルボ酸はじめ大量のミネラルで活性化している。

エビデンス2
なぜ、フルボ酸が放射性物質の分解に寄与できるのか?
ビッシリならんだ六員環化合物が決めて!
『 ししゃ科も便11-08-10 』「哲科学・技術研究TAKAO」代表 尾征治•工学博士http://www1.odn.ne.jp/shishakamo/ より
...  フルボ酸の化学構造をみてビックリ。ナノオーダの六員環の化学構造がギッシリ含まれていることがわかります。量子水学説に照らすと、この六員環化合物の数だけ螺動ゼロ場が多数形成され、そこから情報量子エネルギー(光子、ニュートリノ、電子)が対発生します。とりわけ、正ニュートリノの反応性が高く、次式のように放射性物質を分解できることがわかります。
ν + 55Cs → 56Ba*+ + e-       (1) 
 すなわち、セシウム(55Cs)は電子欠損の無害なバリウム原子ラジカルイオン(56Ba*+)になります。この系が電子伝達系(添付ファイル資料図3)となっていることも、式(1)で電子(e-)が電荷保存的にゼロ点から発生することで説明できます。これが、フルボ酸が放射能を消すことができる科学的理由だと考えられます。

エビデンス3
腐食物質としてのフルボ酸の定義と有用性
Q1.腐植物質とは?
腐植物質とは植物の葉や茎の部分が腐植してできた有機成分のこと、土壌や天然水中に広く分布、植物に対する栄養分の供給に大きな影響を及ぼしている。腐葉土の重要な有効成分。
Q2.環境中で腐植物質はどういった役割を果たしているか?
 腐植物質は、地中に放置した放射性核種の拡散性が錯形成により増加することや、上水の塩素処理によりトリハロメタンの様な有害化学物質を生成する、など環境に対しネガティブな作用を示す反面、銅等の有害重金属に対する凝集能、六価クロムの無毒化還元や有機ハロゲン化物の脱塩素化の様なポシティブな役割も果たす。
Q3.腐植物質による有害化学物質の化学形態変化がどうして環境浄化につながるか?
 (1)結合反応。銅のような重金属は微量は生体にとって必須だが、量が多いと生体中のタンパク質と結合して変性させるので、河川が銅で汚染されたときには死に至る。腐植物質は銅と強く結合する能力(錯形成能)を持っており、生体中のタンパク質と結合する銅の量を低減させる。疎水性の多環芳香族化合物(PAH、発癌物質)は、生体の脂質膜を通して体内に入り込むが、腐植物質が親水的な性質を有しており、脂質膜へのPAHの透過を抑制し、有害化学物質の生体への摂取量を低減させる。
(2)変換反応。有害化学物質が無害な形に変換あるいは分解される浄化作用を指す。腐植物質が直接有害化学物質の変換に関与する例として六価クロム(発癌物質)の三価への還元無毒化が挙げられる。有機化学物質の変換については、二価の鉄等を電子供与体、腐植物質を電子伝達体として有害化学物質が還元分解される。

エビデンス4
美人の湯•モール温泉の秘密(素人向けの、わかりやすい解説)
十勝川温泉(帯広)は純植物性のまろやかな湯で皮膚にやさしく天然の保湿成分を多く含有し、入浴後は肌がすべすべに!肌の浸透性も抜群で血液循環を促進し「美人の湯」と呼ばれドイツのバーデンバーデンと並ぶ名湯です。どちらも樹木堆積物の発酵熱による湯が泥炭•モール(Moor)を通し腐食物質を含んで湧き出してます。腐植物質とは植物の葉•茎や樹木が腐植してできたフミン酸(酸で沈殿)とフルボ酸(酸で沈殿しない)の混合有機物です。植物の栄養補給には必須で、自然の奇蹟から生まれた太古の地球からの遺産です。
腐植物質は親水的に生体細胞膜と結合して発癌物質が脂質膜から体内に入るのを抑制したり、六員環化合物の多いフルボ酸の螺動ゼロ場から発生する情報量子エネルギーが放射性物質セシウム(55Cs)をバリウム原子ラジカルイオン(56Ba+)に分解•除染するとも言われています。

エビデンス5
アインシュタイン賞を受賞されたアントニオ・ナロ農業自治大学のRuben Lopes Cervantes教授らによる、 フルボ酸と装飾用ヒマワリによる重金属の土壌汚染の浄化実験
1.メキシコ北東部の土壌中に不溶性の鉛がたまりやすく、その土壌浄化は解決困難な問題であった。
2.合成キレート製剤(EDTAやDTPA)よりも自然に優しく安価で安全な重金属を取り除く代替品としてフミン質に注目した。
3.フミン質はフミン酸、フルボ酸などから成り、複雑な科学構造の有機的な巨大分子が不均一に混合しており安定している。
... 4.フミン質は微生物による酵素が活性化したために、植物などが分解されたものである。
5.フミン酸とフルボ酸の高度な内容物は酸素付加された官能基であるために、陽イオンにキレート化することができる。
6.フミン酸はカルボキシ官能基で優位であり、フェノール類群であるフルボ酸が存在するためである。
7.フミン質は植物の成長において直接的に働き、合成イオンの転流に乗って働く(転流とは植物に吸収された栄養分や、光合成産物が、他の離れた器官の細胞へ送られること)。
8.ミヤモンテ・メキシコ工場で生成したフルボ酸を使用し、鉛による汚染土壌におけるフルボ酸の働きを調べた。
9.アントニオ・ナロ農業自治大学UAAANメインキャンパスにある土壌化学研究部門の実験区域の播種の苗床を8つの区画に区切り、4つに1kg-1あたり1000mg硝酸鉛、4つを750mg硝酸鉛での汚染処理が施された。
10.(1)ミヤモンテ・メキシコが提供したフルボ酸、(2)市販の化石金属レオナーダイトのフルボ酸、(3)DTPA液、対象液として灌漑用水、で処理をした。
11.そして1平方メートルあたり41本の装飾用ヒマワリの種をまいた。6週間後に土壌の表面10cmとヒマワリの根、茎、葉、頭花の組織中の鉛の総量が原子吸光の分光測定器で調べられた。
12.その結果、ミヤモンテ・メキシコのフルボ酸が市販フルボ酸やDTPAを統計学的に優位に上回り、鉛がキレート化薬剤に補足され土壌外(ヒマワリに)運ばれた。
13.それは多くの自由で酸素化した優位な官能基であるカルボキシ(-COOH)によると考えられる。
14.(結論) 鉛汚染土壌は、ミヤモンテ・メキシコのフルボ酸と装飾用ヒマワリの使用で改善できる。

エビデンス7
フルボ酸 (ミシシッピーフルボ酸とオーストラリアラグーンフルボ酸という天然のもの) がウランの毒性を20分の1にしたという論文が2通、昨年2月にオーストラリアの国立機関から出ている(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21351802)。

エビデンス8
福島でのフルボ酸の土壌散布実験(福島の有志による、報告書はPDFファイルになっている)、場所:旧伊達市立泉原小学校校庭、日時:2011年7月2日~3日
測定内容
・100㎝四方のマスを3パターン計測。
・NO1はそのままの状態での地表の汚染数値を測定。
・NO2は2000mlの水にMiyamonteフルボ酸(農業用)を40ml入れて50倍の
希釈率でじょうろを使って一面に散布。
・NO3は2000mlの水にMiyamonteフルボ酸(農業用)を20ml入れて100倍の
希釈率でじょうろを使って一面に散布。
・散布開始の15:30から其々のマスを約1時間後の16:30頃と翌日の9:40頃に
放射線量を測定。

測定結果
・NO1はそのままの状態での地表の汚染数値を測定いたしましたので、
1.2~1.3μSv/hと高い数値でしたが、NO2は0.4~0.5μSv/hに数値が減
尐いたしました。何もしない状態の1.320μSv/hの高い数値とNO2の
0.515μSv/hで比較いたしますと、約61%の減尐(除染効果)がみられま
した。
・17時間後の測定データでも、NO1の1.239μSv/hとNO2の0.475μSv/hでは
約62%の減尐(除染効果)がみられ、除染効果が維持されている事が
確認できました。
・NO2とNO3では、希釈率が約2倍にもかかわらず、NO3の数値も1時間後
が0.660μSv/hと0.653μSv/hと減尐率は50%・48%でしたので、100倍の
希釈率でも除染の効果は確認できました。
・地表から50cm・100cmでの計測は行いませんでしたが、地表の数値に
比例することから、当然、数値は相当減尐している事と考えます。

エビデンス9 フルボ酸による放射線減弱実験
http://kumamoto.sunnyday.jp/miyamonte/fulvic_miyamonte.html


結語
オーストラリアの研究で使用されたフルボ酸は天然のものですが、メキシコのミステリーゾーン近くでバイオマス生産した、より純度が高くパワーがあり(カルボキシル基が多く、放射能デトックスに適している)食品に添加できる製品があります。それを食品に少しずつ添加することで、食品に混入した放射性物質をデトックスすれば発ガン作用も低下する。農地へのフルボ酸の使用は、菊地良一氏が長年継続しミネラルの豊富な米や野菜、果物を生産し健康志向の全国のユーザーに提供している。山林、農地の放射能デトックスのためのフルボ酸の散布を菊地良一氏は推奨している、粘土質や肥沃な土を剥ぎ取ることなく、土壌に含まれた放射性物質の活性を低下させ、農作物への影響を下げるために。いくつかの実験結果で、フルボ酸は低濃度であっても、土壌に混ぜることで放射線は減弱するようなので、複数回、あるいは定期的に希釈フルボ酸水を散布することで1/10またその1/10つまり1/100と無限に減弱するのではないかと期待しています。

【2012/02/20 20:27】 | 高岩正至 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://spacenana.blog137.fc2.com/tb.php/142-da5c504d
トップページへこのページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。