スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[掲載日 --/--/--] カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

原発に「NO」と言う 2 in あざみ野 大富亮絵画展(3/6~17)

原発に「NO」と言う 2 in あざみ野 大富亮絵画展
(Say "NO" to Nukes - OOTOMI Akira Art exhibition)

2013年36日(水)~17日(日) 11:00~18:00(最終日17時まで)
 ただし11日(月)、12日(火)は休廊
  *大富さんの在廊予定
   3/7(木)、3/9(土)、3/10(日)、3/14(木)、3/16(土)、3/17(日)
   いずれも13時〜

会場 ギャラリーナナ(スペースナナ内) アクセス地図
 ※東急田園都市線、横浜市営地下鉄「あざみ野」駅・西口より徒歩6分
電話:045-482-6717 
入場無料

原発に「NO」と言う 2 in あざみ野 大富亮絵画展 (Say
作家とゲストによるトークイベント

39日(土)14時~15時30分
「原発事故現場と私たちをつなぐもの
──元被曝作業員ごぼうさんをお招きして」

参加費500円

316日(土)15時~16時30分
「誰でもできる! 電気代一時不払いで、原発に抗議しよう」
無料

ごあいさつ
 あなたは、誰ですか? どこで暮らしていますか?
 あの原発事故以来、誰もが放射能の多く含まれた空気を吸い、水を飲んでいます。ちょうど2年前から今日まで続く、放射能の中の非日常。
 その日々の中で描いた絵を中心に展示します。どうぞごゆっくり、ごらんください。

 いままで多くの人が、デモや、署名をして、「脱原発」の意志を表明してきました。しかし、電力会社はすべての原発の再稼働を狙っています。
 私たちは、ほんとうに原発をなくすことができないのでしょうか? 私は、ひとりひとりの人が、電気代の支払いをかけて抗議することを呼びかけます。
 ところで、日常の中に不安を隠している私たちのはるかかなた、原発事故の現場では、何が起こっているのでしょうか。

 東電・福島第一原発で放射能に被曝しながら、事故収束作業にたずさわってきた、ごぼうさんをお招きして、話を聞きたいと思います。ごぼうさんは、東電の孫請け会社に雇われて現場で働いていましたが、待遇は低く、その上上位の下請け会社に直接指示をされるという、いわゆる偽装請負の状態でした。

 福島から離れて暮らす私たちと、事故現場で働く人々をつなぐものは何かを、一緒に考えてみませんか。

大富 亮
2013年2月28日

プロフィール
おおとみ・あきら
美術作家、チェチェンニュース発行人、フリーライター。
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/
editor@chechennews.org
チェチェン、原発、難民、貧困など、身の回りの社会問題にかかわりつつ、主に油絵、水彩など平面の作品を制作している。

新聞に紹介されました
20130308234221.jpg

会場入口にかけられた手作りの旗「原発にNOを言う」
20130304170008.jpg

[掲載日 2013/02/25] カテゴリ :ギャラリーナナ トラックバック(0) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://spacenana.blog137.fc2.com/tb.php/207-2a8812a2
トップページへこのページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。